"この恋は、叶わなくていい――"

 

 十年前、遠い日の約束。
 叶うことなく終わった幼い日の恋。
 向坂沙織は幼少の頃、母が使用人として仕える一ノ宮家で育った。その次男、響と密かに想いを交し合っていたが、幼い二人の恋は、沙織が母の死により一ノ宮家を去ったことで、とうに終わったかに思えていた……。
 しかし十年後、青年となった響と沙織は偶然の再会をする。
 それは奇妙な"二つの恋" の始まりだった――。

The Contents

 

Vote for The Story

ネット小説ランキング>響きあうものたち (随時)
NEWVELランキング (月一回)

inserted by FC2 system